RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
卵子の老化による不妊
NHKスペシャル
 峪困澆覆い里砲産めない〜卵子の老化の衝撃」
体外受精 不妊治療

卵子の老化による不妊はどのくらい拡がっているのか?

医療機関 初診患者の平均年齢
10年前は35歳以上20%
昨年は77%に増えた。

体外受精によって何歳まで妊娠出来ると思うか?
45歳まで妊娠出来ると思っている女性が53%もいる。
50歳まで妊娠出来ると思っている女性が17%もいる。

卵子の老化を知らないまま不妊に陥ってしまう女性が急増している実態があきらかになった。

卵子の老化によに不妊は、患者を肉体的にも精神的にも追い詰めます。

40歳女性 川口さん
2年前はじめて卵子の老化を知りました。
体外受精を前に毎日卵子を採取しやすくするための注射を打たなければなりません。

これまでに、子宮に戻した卵子は6個

すべてうまくいきませんでした。
川口さん
「受精卵って言ってますけど、命だと思っているので
うまく行かなかったことのショックは大きくて
この子たにに申し訳ない」


卵子の老化による不妊治療は保険の対象にはなりません。

これまで6回の治療にかけた費用は180万円

一部助成金が出ますが、大半は自己負担です。

40才で体外受精がうまくいく割合は1割にも満たないと説明を受けています。

それでも川口さんは7回目の体外受精に臨みます。
「卵子も老化してくるし、卵巣もだんだん弱ってくるので
できるだけ早く結果を出したいという気持ちがありますので
焦っているといわれればそれまでですが
休んでなんかいられないという感じですね」

子供が欲しいという患者の切実な思いを受け止めてきた見尾先生

医師にすらどうすることも出来ない現実に苦悩を深めています

見尾医師
「多くの方が結果が出なかったときに涙を流されて
がっかりされて 失意の表情をされるわけですね。
我々としては ご夫婦になんとしても喜んで 夢をかなえてあげたいという思いでやってますけど
現実にぶるかりますと 申し訳ない気持ちにもなりますし自分たちの無力さもすごく感じます。」

つづき→ 不妊の原因の半分近くは男性にある
 
author:revivaljapan, category:-, 11:53
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 11:53
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://revivaljapan.jugem.jp/trackback/6