RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
震災後の自殺者
 震災後の自殺者
自殺者が急増している。1〜3月の減少傾向から一転、4〜6月は3カ月連続で前年同月を大幅に上回った。東日本大震災の影響との見方もある。津波で自宅を失い無理心中した高齢夫婦、放射能汚染で野菜の摂取制限が出された翌日に自殺した農家…。ただ、震災との因果関係を示す明確なデータはなく、政府は対策に生かすため詳細な情報収集に乗り出した。

 震災から3カ月の6月11日、福島県相馬市の酪農家の男性(55)が自殺しているのが見つかった。フィリピン人の妻と息子2人は福島第1原発事故の影響でフィリピンに帰っていた。「原発さえなければ…」。男性は堆肥小屋の壁にこう書き残していた。

 計画的避難区域に指定された同県飯舘村では4月中旬、102歳の男性が死亡しているのが見つかった。家族が村外に避難し、離れ離れで暮らしていたことを苦にした自殺とみられている。6月下旬には「老人はあしでまといになる。お墓にひなんします」と遺書に記し、自殺した南相馬市の93歳の女性もいた。

 警察庁のまとめでは、
福島県内の自殺者数は4月以降、3カ月連続で前年同月を上回っている
特に5月は40%近い上昇率を示しており、震災の影響をうかがわせる数字といえる。

 さまざまな相談に乗る「福島いのちの電話」の渡部信一郎事務局長(63)は「相談の内容が震災前よりも深刻度が高い」と指摘する。「親類宅に避難しているが人間関係がこじれ、悩んでいる」といった震災に直接関係するもののほか、精神疾患の人が震災の影響で病状が悪化したケースもあるという。

ただ、同様に震災の被害が大きかった岩手、宮城両県は1〜6月のすべての月で前年比減少か、横ばいになっており、福島県の状況とは異なる。内閣府経済社会総合研究所が警察庁の資料をもとに5月の自殺者の住所地などを分析したが、被災者が他県の避難先で自殺しているような数字は得られなかった。

 今年1〜6月の全国の自殺者は1万5885人(前年同期比1・2%減)だったことが6日、警察庁の統計(速報値)で分かった。昨年まで13年連続で3万人を超えており、依然、同様のペースが続いている。

 また6月は2996人(前年同月比7・8%増)で、東日本大震災後の4月から3カ月連続で前年の同じ月より増えた。

 例年は企業が決算期を迎える3月に自殺者が多くなり、4〜6月は減少傾向となるが、今年の4〜6月はいずれも3月を上回った。警察庁が詳しい統計を取り始めた2008年以降初めてという。

 内閣府の自殺対策推進室は「震災の影響は分析中だが、もともと自殺のリスクを抱えている人にとっては震災による社会の不安定さが引き金になった可能性もある」とし、対策を検討している。

 警察庁は6月から、避難先での自殺などを含め震災に関連した自殺の可能性がある場合は、特別に報告するよう全国の警察に指示した。

 速報値によると、6月の自殺者は男性2044人、女性952人。岩手県は33人(前年同月比15人減)、宮城県は45人(同2人減)、福島県は50人(同3人増)で、被災地で目立った増加はなかった。香川県は30人(同6人増)。

 3月の自殺者は2445人(前年同月比17・3%減)、4月は2693人(同4・2%増)、
5月は3329人(同19・7%増)。5月は統計を取り始めて以降、月別では最多だった。

四国新聞社、産経ニュース 添付記録

内閣府の統計
東日本大震災に関連する自殺者
福島、宮城、岩手3県
6月13人 7月9人 8月4人 計26人

これは、作為的な統計と考えられないでしょうか。
自殺者を震災関連なしと意図的に判断して統計をとっているのように感じます。
このような統計をマスメディアも簡単に取り上げるのでは、
将来、福島県民の原発事故による病気や死亡原因も
簡単に因果関係なしとして処理されてしまいそうで恐怖を感じます。

マスメディアは内閣府の統計を鵜呑みするのではなく独自の調査をしてほしいです。
特に原発事故による福島県民の自営業者、経営者を始め農業関連の方々の心労は厳しいものです。また、職を失った方の再就職は厳しい現状で、経済的困窮による自殺も今後考えられます
経済的困窮を震災関連なしと処理したとすると何とも恐ろしい統計でしょうか。


がんばろう福島
がんばろう宮城

author:revivaljapan, category:-, 18:39
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:39
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://revivaljapan.jugem.jp/trackback/2